2/9(木)JNTO地域セミナー(オンライン配信)申込受付中

Written by JNTO

JNTOでは、2023年2月9日(木)14時から、自治体、DMO、民間企業といった観光関係団体の実務担当者などインバウンドに関係がある皆様を対象にした「JNTO地域セミナー」をオンラインで開催します。
7月に続く今回は「地方誘客と観光消費額の拡大に向けて~高付加価値化の取組~ 」をテーマに、外部講師をお招きして観光コンテンツ造成やプロモーションのポイント等をご紹介させていただきます。
また、併せて、デジタルマーケティングの初級者向けセミナーのオンライン視聴も開始します。ぜひご参加ください。

目次

■お申込みページ

https://v2.nex-pro.com/campaign/51285/apply
※申込締切日:2023年2月9日(木)13:00まで

 

1.「地方誘客と観光消費額の拡大に向けて~高付加価値化の取組~」開催概要

開催日時:2023年2月9日(木)14:00~16:00
形式:オンライン(ライブ配信)
主催:日本政府観光局

【講演①】「今日本が目指すべきニッチな観光開発を考える」(30分)

講演者:合同会社GOTOKU 代表 アレキサンダー・ジョエル・ブラッドショー 氏

英国シェフィールド出身。リーズ大学卒業後、大手IT企業ORANGEでシステムエンジニアとして勤務後、2005年来日。株式会社島津興業に入社。海外営業部長を務める。同社を2022年9月退職。観光コンサルティングの合同会社GOTOKU代表、鹿児島県海外広報官も兼任しながら、観光庁、文化庁による補助事業の選定委員、採択事業者における有識者も務める。同年10月からは内閣府クールジャパンのプロデューサーに就任。

観光コンテンツ造成について各地域それぞれ悩みや課題を抱えていることと思います。日本各地の観光コンサルティングの経験、海外の事例をもとに、目指すべき観光開発についてお話しします。

【講演②】「地域の、地域による、地域のための観光付加価値アップ~ツーリズムを通して地域をサステイナブルに!~」(30分)

講演者:株式会社 北海道宝島旅行社 代表取締役社長 鈴木 宏一郎 氏

1965年北九州市生まれ。㈱リクルートに17年間勤務後、北海道にIターン。2007年4月㈱北海道宝島旅行社設立。道内オーダーメイドツアーサービス、観光地域づくりコンサルティング、EBサイト「北海道体験」の運営等に取り組み、第2回日本サービス大賞「優秀賞」受賞。「地域未来牽引企業」選定。北海道観光審議会委員。次期札幌市観光まちづくりプラン検討委員。2021年12月にGSTC-Iの国際認証団体TRAVELIFEのPartner登録。

各地域が持っている観光コンテンツを売り出していくには何をしなければならないのか。北海道内各地域の皆様と「観光地域づくり」に取り組むランドオペレーター・ツアーオペレーターの視点からお話しします。

【講演者による質疑応答・ディスカッション】(30分)

 

2.デジタルマーケティングセミナー開催概要

配信期間:2022年12月23日(金)~2023年2月22日(水)23:59
形式:オンライン(録画配信) ※お好きな時間にご視聴いただけます。
講演者:日本政府観光局 企画総室デジタルマーケティングセンター長 本蔵 愛里

JNTOではデジタルを活用した情報発信をどのように行っているのか。目的およびツール別にご紹介します。また、オウンドメディアや関係機関から取集したデータをもとに、外国人旅行客の傾向を分析した結果をお話しします。

3.お問い合わせ

■お申込みに関するお問い合わせ

2022年度JNTO地域セミナー運営事務局
受託事業者:クリエイティブ・ファクトリー(株)
TEL:03-5422-3916(10:00~19:00※土日・祝日除く)
Mail:jnto_seminar2022@creativefactory-co.jp

関連記事を読む

JNTO地域セミナー(2022年度上半期)「サステナブル・ツーリズムの地域への浸透」開催レポート

JNTOでは、各地域でインバウンドに携わる方々に向けて、2022年7月13日に「地域セミナー」をオンラインで開催しました。“サステナブル・ツーリズムの地域への浸透”をテーマに、3名の外部講師を招いてサステナブル・ツーリズムを地域で実践すべき理由や、具体的に何から始めれば良いのか、実践事例をもとにご紹介。セミナーには400名を超えるインバウンド実務担当者にご参加いただきました。本記事では、セミナーの概要として各講演内容を要約して掲載します。

関連記事を読む

上質な観光サービスを求める旅行者のニーズに対する日本の地域の可能性(前編)

JNTOが2017年に欧米豪5市場*に対して実施した調査(2016年のクレジットカードの取引データに基づいて分析)では、欧米豪5市場の富裕旅行者は約340万人で旅行者全体のわずか1%程度ですが、旅行消費額は約4.7兆円で約13.1%を占めています。この340万人のうち、訪日富裕旅行者のシェアはまだ低いのが実情ですが、今後の戦略次第では日本における富裕旅行市場は成長の可能性に満ちていると言えます。上質な観光サービスを求め、これに相応の対価を支払う富裕旅行者の需要獲得に向けて、インバウンド事業に携わる自治体やDMOの担当者は、どんな点に留意して準備を進めると良いのでしょうか。富裕旅行市場に精通した株式会社クリル・プリヴェFounder & CEOの髙野雅臣氏にお話を伺いました。*米国、英国、豪州、ドイツ、フランス。

関連記事を読む

サステナビリティ(持続可能性)を体現する日本の観光コンテンツを海外に向けて発信

コロナ禍を経て観光を取り巻く状況が大きく変化し、観光分野においても「持続可能性」への関心が高まっています。こうした背景を受け、JNTOでは、サステナブル・ツーリズム(持続可能な観光)の観点から日本が誇る観光コンテンツを選定し、海外に向けて発信する英語版のデジタル・パンフレット『EXPLORE DEEPER -Sustainable Travel Experiences in JAPAN-』を制作しました。本稿では、サステナブル・ツーリズム推進の重要性やJNTOの取組についてご紹介します。

pagetop