• HOME
  • 活動報告・お知らせ
  • <募集!> 地域の魅力的な情報発信にJNTOのメディアを活用しませんか (2022年度第2弾:9/22〆)

<募集!> 地域の魅力的な情報発信にJNTOのメディアを活用しませんか (2022年度第2弾:9/22〆)

Written by

DMO・自治体の皆さまから寄せられた選りすぐりの地域情報を、JNTOグローバルサイトの特設ページ「Japan’s Local Treasures」にて発信する「地域情報発信事業」の2022年度第2弾の募集を開始しました。日本の各地域の魅力を海外に効果的に情報発信したいDMOや自治体の皆さまに、ぜひご応募いただければ幸いです。

目次

JNTOでは、全国のDMO・自治体の皆さまから寄せられた選りすぐりの地域情報を、グローバルサイト内の特設ページ「Japan’s Local Treasures」(https://www.japan.travel/en/japans-local-treasures/)にて発信する事業を行っています。
全国のDMO・自治体の皆さまが保有するコンテンツ・情報を多くのターゲットに向けて拡散できるよう、JNTOがサポートいたします。また、記事には皆さまが運営するウェブサイトへのリンクを掲載しますので、導線の強化にも役立ちます。
外国人旅行者に日本を旅行先として選択していただけるよう、継続的に日本の各地域の魅力を発信するため、地域から海外への効果的な情報発信の一つとして、JNTOのオウンドメディアをぜひご活用ください。

地域情報発信事業「Japan’s Local Treasures」の詳細についてはこちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事を読む

地域が制作した情報素材をJNTOのオウンドメディアで発信する取り組みについて(地域情報発信事業~Japan’s Local Treasures~レポート)

JNTOでは、全国のDMO・自治体の皆様から寄せられた選りすぐりの地域情報を、グローバルサイト内の特設メディア「Japan’s Local Treasures」において発信する地域情報発信事業を行っています。こちらの記事では、昨年度(2020年度)に開始した本事業について、応募の状況、どんな人に見られているか、どんな記事がよく見られているかといった概要や今年度(2021年度)の実施状況などをご紹介します。

1.   募集概要

■募集対象者

全国のDMO(候補法人を含む)、都道府県・市町村

■募集内容

JNTOのグローバルウェブサイト内地域情報発信専用ページ「Japan’s Local Treasures」に掲載する画像・動画含む地域情報記事
※掲載記事は英語200ワード・1000文字程度を想定しております。
※掲載本数は年間で240本程度を予定しております。

■募集期間・募集件数・掲載開始時期

        募集期間          募集件数    掲載開始時期
第2弾: 2022年8月22日(月)~9月22日(木)  140件程度  12月~6月(予定)

※応募状況によって追加募集することがあります。
※テーマ・地域等を考慮したうえで、随時発信予定です。

■募集テーマ

1.新しい情報(ニューオープン・イベント情報等)
2.日本の季節感が伝わる情報(第2弾:冬~初夏)
3.人気スポットを目新しい切り口で伝える情報

英語圏向けの内容とします。
※訪日外国人の受入体制が整備された場所や体験で、地域のおすすめ情報、特に密を回避する自然体験、アドベンチャートラベルやサステナブルトラベル、高付加価値旅行等、コロナ後のニーズを意識したコンテンツの応募をお待ちしています。
※クーポン、ディスカウント情報や観光プロモーションに資するものではないとJNTOが判断するものは対象外とします。

■応募のメリット

・ 掲載する英文原稿は、JNTOでネイティブチェックやリライトを行うとともに、画像・動画の品質チェックも行い品質を確保することで、外国人旅行者に適切に魅力が伝わる記事となります。
(JNTO作成の各種マニュアルや記事作成ガイドラインを活用いただけます)
・ JNTOのオウンドメディアにおいて発信するため、日本の公的な情報発信として高い信頼を得られます。
・ JNTOが運営するウェブサイトや公式Twitter等での配信に加え、掲載記事の一部は海外事務所でのSNSやニュースレター配信等でも活用予定ですので、多くのユーザーに届けることができます。
・DMO・自治体等が運営するウェブサイト(英語)のURLリンクを記事に掲載することで、当該ウェブサイトの閲覧数向上につながります。

2.応募について

■応募方法

以下応募フォームより、希望掲載記事の下記入力項目の情報をご記入の上ご応募ください。
(応募フォーム:
https://www15.webcas.net/form/pub/brain3251/application02

■入力項目

1.応募団体情報:団体名、ご担当者名、ご担当者連絡先(電話番号、メールアドレス)、公式ウェブサイトURL等
2.希望掲載記事情報:タイトル・概要(日本語)、記事用画像(応募用1点)、掲載希望時期、
掲載情報の遷移先となる英語版ウェブサイトURL、英語版動画URL(記事内に動画挿入を希望する場合)

※英文記事は掲載決定後にご提出いただきますので、応募時には提出の必要はありません。

■応募条件

・画像は、画像の利用にかかる権利(著作権や肖像権など)及び利用条件が明確なものであり、かつ、JNTOのウェブサイトに掲載できるものであること。なお、提出いただく画像のJNTOウェブサイトへの掲載にあたっては、当該画像・映像にかかる利用許諾に関する同意書をご提出いただきます。
・掲載情報の遷移先となる英語のウェブサイトがあること。
・動画挿入を希望する場合は、応募団体が運営するYouTubeに掲載されている、もしくはこれから掲載される予定のあるもので、英語によるタイトル表記や字幕があること。

■応募にあたっての注意事項

・1団体につきご応募いただける情報は最大で第5希望までとなります。
・事務局から電話やメールにて、ご応募いただいた内容についてお問い合わせする場合がございます。
・提出いただいた情報は、事務局においてネイティブチェックの上、JNTOのウェブサイトに掲載するとともに、JNTOにてTwitter掲載用の短い英文を作成して投稿いたします。・
・掲載のタイミングによっては、英文原稿の提出期限が短いことが想定されます。
・掲載原稿及び写真は、JNTOの他事業及び他媒体で使用する可能性があり、その際は別途相談させていただきます。

※応募情報(個人情報を除く)については、当該エリアを活動の対象とする広域連携DMOに共有させていただきます。

※北海道観光振興機構、東北観光推進機構、中央日本総合観光機構、せとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構が活動の対象とするエリアの応募情報については、地域との連携を深め地域の戦略に沿った記事を選定するため、当該広域連携DMOに選定に関わっていただく予定です。

 

3.   選定~記事提出~情報発信・掲載までの流れ

①事務局から応募団体へ、メールにて当選・落選の連絡(10月下旬)

②当選団体にて、タイトル(英語)、記事(英語200ワード・1000文字程度)、画像(記事掲載用の追加2枚・SNS投稿用の4枚程度)を入稿フォームからご提出
※JNTOの記事制作ガイドラインをご活用ください。
※新型コロナウィルス感染症の状況に応じて、動画や記事の内容に関する留意事項をお伝えする場合があります。

③事務局にて原稿のネイティブチェックおよび動画・画像の品質チェック

④事務局にてJNTOの本事業専用ウェブサイトに掲載(11月中旬以降、順次掲載)
【ウェブサイト】「Japan’s Local Treasures」(https://www.japan.travel/en/japans-local-treasures/)

⑤事務局にて ④で掲載した情報をJNTOの本事業専用Twitterで発信
【Twitter】 JNTO Japan’s Local Treasures(https://twitter.com/J_LocalTreasure

 

4.   よくある質問

Q:DMOが直接提供するコンテンツでなくても、管轄のエリア内のコンテンツであればDMOからの応募は可能ですか。
A:管轄のエリアであれば応募は可能です。ぜひご応募ください。

Q:DMO(候補法人含む)でない観光協会からの応募は可能でしょうか。
A:今回の応募対象はDMO(候補法人含む)、都道府県および市町村となります。地域の市町村やDMOにご相談ください。

Q:複数の団体から、同一のコンテンツが応募される可能性がありますが、応募は可能でしょうか。
A:他団体との重複は気にせずにご応募ください。最終的に事務局で調整・集約させていただきます。

Q:記事制作にあたっては、相談に乗ってもらえますか。
A:記事作成ガイドラインについてのご説明や、旅行トレンド、キーワードなどのアドバイスを行います。

Q:入稿規定を教えてください。
A:ご応募いただいた団体にはJNTO作成の各種マニュアルや記事作成ガイドラインを提供いたしますので、原則それらに沿って作成してください。記事は、タイトル・原稿とも英語でご記入いただく必要があります。
また、画像は2000×1335Px程度(8MGまで)記事掲載用に3枚、SNS投稿用に4枚程度、2000×1335Px程度(8MGまで)JPEG/PNGファイルにてご提出をお願いします。
JNTOデジタルマーケティングガイドライン集もぜひご参照ください。

 

お問い合わせ

JNTO 地域情報発信事業事務局(株式会社ブレイン内)
担当:田中・村上
e-mail:jnto-action2022@brain-mail.jp
TEL:090-7013-9850
(電話受付時間:平日9:30~17:30 ※土日祝日を除く)
※ZOOMによるお問い合わせにも対応します。

関連記事を読む

外国人向けウェブサイト制作マニュアルが完成しました!

日本政府観光局(JNTO)はこの度、外国人向けウェブサイト制作マニュアル「外国人旅行者を魅了するウェブサイトの作り方(英語実例集)」を作成しました。当マニュアルが外国人旅行者向け英語ウェブサイトを企画・発注される自治体やDMO等のみなさま、また実際に制作に携わる事業者のみなさまの参考になれば幸いです。

関連記事を読む

『効果的な情報発信を行うためのFacebook・Instagram運用ガイドライン』更新のお知らせ

インバウンドにおいてデジタルマーケティングの重要性が高まる中、SNSも効果的に運用することが求められます。SNSはそれぞれのプラットフォームに特性があり、機能も異なるため、それらの理解を深めた上で活用することが重要です。訪日プロモーションにおいて特に人気のあるSNSである、Facebook・Instagramについて、JNTOでのノウハウをまとめた運用ガイドラインを一部アップデートしましたので、お知らせいたします。これまでのデジタルマーケティング連載とともに、皆様にお役立ていただければ幸いです。

関連記事を読む

インバウンド向けプロモーション動画の作り方(JNTOデジタルマーケティング連載vol.9)

日本政府観光局(JNTO)では、動画を活用した訪日プロモーション事業を実施しています。そして、そこで培ったノウハウや気づきなどを、体系的かつ実践的にまとめたガイドライン『インバウンド向けプロモーション動画の作り方』を公開しました。5G回線の普及に伴い動画の活用がさらに進んでいくと言われている中、本ガイドラインが皆さまの動画プロモーションの成功に向けた一助になれば幸いです。

関連記事を読む

コロナ禍におけるインバウンドの情報発信実例(JNTOデジタルマーケティング連載vol.7)

コロナ禍において、世界中で人々の生活スタイルが変化してきています。出入国制限による海外旅行の中止や、リモートワークやオンライン授業による在宅時間の増加などが起こる中、インバウンドにおける情報発信も工夫が必要です。こちらの記事では、コロナ禍のオンラインコミュニケーションとして、JNTOが実施した情報発信実例をご紹介します。ご参考になれば幸いです。

関連記事を読む

2021年度JNTO地域セミナー上半期オンライン実施報告(海外プロモーション)

JNTOでは、7月15日に地域セミナー(旧名:マーケティング研修会)をオンラインで実施しました。600名を超えるインバウンド誘致の取り組みを行っている実務担当者にご参加いただき、コロナ禍において重要な「インバウンド再開に向けた訪日プロモーション」「アジアにおける大規模キャンペーン事業」「自治体・DMOの情報発信におけるSNS活用のポイント」「JNTOにおけるSDGsの取り組み」のテーマを取り上げました。当記事では「インバウンド再開に向けた訪日プロモーション」と「アジアにおける大規模キャンペーン事業」の要約を掲載しています。

関連記事を読む

在留外国人による日本の魅力発信キャンペーンを実施 〜在留外国人連携事業〜

コロナ禍で国境を越えた行き来ができない状況が続いている中、必ず訪れる往来再開の日に向けて、「いつか日本に行きたい!」という訪日意欲を喚起し続け、訪日への関心をつなぎとめておく必要があります。各国に向けた積極的な誘客プロモーションは慎重に進めざるを得ない状況の中、JNTOでは、外国の方々に日本の魅力を継続的に発信し、SNS上での日本に関する情報量を増大させるため、日本に在留する外国人の発信力を活用するSNS投稿キャンペーンおよび在留外国人インフルエンサーによるオンライン講座を実施しました。

pagetop