• HOME
  • 活動報告・お知らせ
  • 7/13(水)【インバウンド実務担当者対象】JNTO地域セミナー(オンライン配信)申込受付中! 

7/13(水)【インバウンド実務担当者対象】JNTO地域セミナー(オンライン配信)申込受付中! 

Written by JNTO

JNTOでは、7/13開催の「JNTO地域セミナー」の参加者を募集しています。
当該セミナーは、訪日インバウンド実務担当者の皆様を広く対象としています。今回は「サステナブル・ツーリズムの地域への浸透」をテーマに、外部講師をお招きして先進地域の実践事例をご紹介させていただきます。また、初級者向け「デジタルマーケティング・セミナー」も同時開催いたします。ぜひご参加ください。

目次

2022年7月13日(水)14時から、訪日インバウンド誘致の取組を行っている自治体、DMOなど観光関係団体の実務担当者の皆様を対象としたセミナーを開催いたします。今回は外部講師を招聘し「サステナブル・ツーリズムの地域への浸透」をテーマに、サステナブル・ツーリズムを地域で実践すべき理由や、具体的に何から始めれば良いのか、実践事例をもとにご紹介させていただきます。

昨年度のJNTO地域セミナー下半期(テーマ:アドベンチャートラベル)では、ご参加いただいた皆様から「これまで知らなかった先進的な事例で素晴らしかった」「ガイドとして実践されている知識のある方のお話だったので、とても良かった」といったお声をいただくことができました。

今年度のセミナーでも講演者に対する事前質問を受け付けております。また、インバウンド誘致のためのデジタルマーケティングに関する初級者向け講座「デジタルマーケティング・セミナー」も同時開催いたします。詳しくは申込ページをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

1.開催概要

■開催日時:2022年7月13日(水)14:00~16:00
■形式:オンライン
■主催:日本政府観光局(JNTO)

2.プログラム

【基調講演】
「サステナブル・ツーリズムの動向と地域の課題を解決するための観光とは」
一般社団法人JARTA 代表理事 高山 傑 氏

【事例紹介①】
「千年の草原の創造的利活用による阿蘇の持続的な景観保全と観光振興」
阿蘇市経済部まちづくり課 課長 石松 昭信 氏

【事例紹介②】
「持続可能な観光地をめざす、弟子屈町の取り組み」
弟子屈町サステナビリティ・コーディネーター 木名瀬 佐奈枝 氏

【パネルディスカッション】
パネラー:JARTA 高山 氏 、 阿蘇市 石松 氏 、 弟子屈町 木名瀬 氏
モデレーター:日本政府観光局理事 蔵持 京治( 30 分)

3.同時開催:「デジタルマーケティング・セミナー」(録画配信)

■講演:日本政府観光局(JNTO)デジタルマーケティングセンター
■テーマ:「デジタルマーケティング入門」

※当動画は録画配信のため、お好きな時間にご視聴いただけます。

4.申込方法

■お申込みページ
https://v2.nex-pro.com/campaign/42694/apply

■申込締切日:7月13日(水)13:00まで

お問い合わせ

JNTO地域セミナー事務局(株式会社クリエイティブファクトリー内)
jnto_seminar2022@creativefactory.co.jp

 

2021年度地域セミナー上半期の実施報告はこちらです。

関連記事を読む

2021年度JNTO地域セミナー上半期オンライン実施報告(海外プロモーション)

JNTOでは、7月15日に地域セミナー(旧名:マーケティング研修会)をオンラインで実施しました。600名を超えるインバウンド誘致の取り組みを行っている実務担当者にご参加いただき、コロナ禍において重要な「インバウンド再開に向けた訪日プロモーション」「アジアにおける大規模キャンペーン事業」「自治体・DMOの情報発信におけるSNS活用のポイント」「JNTOにおけるSDGsの取り組み」のテーマを取り上げました。当記事では「インバウンド再開に向けた訪日プロモーション」と「アジアにおける大規模キャンペーン事業」の要約を掲載しています。

関連記事を読む

2021年度JNTO地域セミナー上半期オンライン実施報告(デジタルマーケティング、SDGs)

JNTOでは、7月15日に地域セミナー(旧名:マーケティング研修会)をオンラインで実施しました。600名を超えるインバウンド誘致の取り組みを行っている実務担当者にご参加いただき、コロナ禍において重要な「インバウンド再開に向けた訪日プロモーション」「アジアにおける大規模キャンペーン事業」「自治体・DMOの情報発信におけるSNS活用のポイント」「JNTOにおけるSDGsの取り組み」のテーマを取り上げました。当記事では「自治体・DMOの情報発信におけるSNS活用のポイント」と「JNTOにおけるSDGsの取り組み」の要約を掲載しています。

今までにご紹介したサステナブル・ツーリズムの事例もぜひご覧ください。

関連記事を読む

持続可能なまちづくり「ゼロ・ウェイスト」が人を呼び、観光地としての魅力に

徳島県の山間部にある上勝町は、人口1500人に満たない町ながら、まちづくりの先進性で国内外から注目を集めています。SDGsが世界的に提唱されるなか、上勝町は「ゼロ・ウェイスト(ごみをゼロにする活動)」を中心としたまちづくりを推進。それが観光地としての魅力にもつながり、欧米圏で人気の旅行ガイドブック『ロンリープラネット』にも上勝町が紹介されました。2020年には「ゼロ・ウェイストアクションホテル」も誕生し、ますます注目度が高まる上勝町。ゼロ・ウェイスト宣言までの経緯や、アイデアが生まれるまちづくりなどについて、上勝町役場でゼロ・ウェイストを担当する菅翠氏に伺いました。自治体によるサステイナブル・ツーリズムの推進やブランディングにご関心のある方はぜひご参考ください。

関連記事を読む

釜石オープン・フィールド・ミュージアムにおけるサステイナブルツーリズムの取り組み

「東日本大震災からの復興」を成し遂げようとする中で、自分たちのまちにどのような宝があるのかを掘り起こそうとした岩手県釜石市。そしてそれが「釜石オープン・フィールド・ミュージアム」(以降、釜石OFM)という、エリア全体を「生きた博物館」に見立てる構想につながり、サステイナブルツーリズムを施策の柱のひとつに掲げて取り組んでいます。これは持続可能な観光の構築に向けて「自分たちのまちでなにができるのかわからない」と悩む地域の方々のヒントになるかもしれません。釜石OFMを推進する釜石市商工観光課の二本松主幹、中田主査、(株)かまいしDMCの河東代表取締役に、これまでの取り組みについて伺いました。

関連記事を読む

環境の維持が観光促進、さらには経済活性化へ。バードウォッチングを中心とした自然体験(金武町の取り組み)

沖縄本島中央部東海岸に位置する金武町は、タコライス発祥の地として知る人ぞ知る町。とはいえ「金武町(キンチョウ)と読める人はなかなかおらず、どこにあるのか知らない人が多い」という知名度の低さが悩みの種でした。観光客が通り過ぎてしまう、何もないかのような町でしたが、ここ数年、バードウォッチングや町を流れる億首(オククビ)川のマングローブ林を巡る自然体験を主体とした観光ツアーで注目を集めています。ツアーの魅力や今後の展開が期待されるアドベンチャーツーリズム(AT)への意欲、ATの促進に向けた課題などについて、ネイチャーツアーを企画・運営する沖縄ネイチャーオフィス(ONO)の嵩原(たけはら)氏、金武町観光協会の喜久山事務局長 にお話を伺いました。(ページトップの画像:金武町を代表する留鳥のひとつリュウキュウヨシゴイ、写真提供:沖縄ネイチャーオフィス)

pagetop