『効果的な情報発信を行うためのFacebook・Instagram運用ガイドライン』更新のお知らせ

Written by JNTO

インバウンドにおいてデジタルマーケティングの重要性が高まる中、SNSも効果的に運用することが求められます。SNSはそれぞれのプラットフォームに特性があり、機能も異なるため、それらの理解を深めた上で活用することが重要です。訪日プロモーションにおいて特に人気のあるSNSである、Facebook・Instagramについて、JNTOでのノウハウをまとめた運用ガイドラインを一部アップデートしましたので、お知らせいたします。これまでのデジタルマーケティング連載とともに、皆様にお役立ていただければ幸いです。

目次

運用ガイドラインのアップデート

活用するSNSの選定にあたっては、ターゲットとしている市場特性やユーザー数などを考慮する必要があります。「日本各地への旅行需要を喚起する」目的において、現状有力な候補となりえるのが、世界最大規模のユーザー数を誇るFacebookと、ビジュアル面からインバウンドに訴求するInstagramです。JNTO本部では複数のSNSを運用していますが、その中でも特にユーザー数が多いのが、FacebookとInstagramの2つです(2022年1月現在、Facebookファン数約68万人、Instagramフォロワー数約53万人)。

JNTOでは以前より、FacebookおよびInstagram の運用ガイドラインを公開していましたが、この度、全体の内容を更新するとともに、Facebook投稿における画像選定のポイントやInstagramに新しく追加された機能などについて新たな項目を追加しました。ぜひ皆様のSNS運用にお役立ていただければ幸いです。以下、運用ガイドラインに新規追加した項目を抜粋してお届けいたします。

 

Facebook運用ガイドラインの追加部分:投稿画像のポイントについて

地域の皆様からよく「効果的にSNSを運用するために画像にこだわっているが、あまり数値が伸びない」というお悩みを伺います。JNTO本部でも投稿によって数値はばらつきますが、投稿のインサイトデータを確認し、「どういった投稿が数値を伸ばす傾向があるのか」を体系的に理解するよう努めています。画像の要素については、数値化するのが難しいという点がありますが、実際に反応が良かった投稿から傾向を分析し、新たな運用ガイドに反映させています。ぜひご参考にしてください。

デジマケガイドライン_画像1_FBガイドライン抜粋線あり
ガイドラインp. 24より抜粋

※ 今回の分析はJNTOの本部アカウントの投稿に基づくものであり、運営されているアカウントの運用方針、ファン属性、対象市場により効果に差が認められることが予想されます。あらかじめご了承ください。

実際の投稿については、以下をご参照ください。
<愛媛県大洲城をテーマに作成した投稿(2021年9月10日JNTO本部アカウントより>
<徳島県剣山をテーマに作成した投稿(2021年9月23日JNTO本部アカウントより)>

 

Instagram運用ガイドラインの追加部分:ガイド投稿について

ガイド投稿は2020年5月にInstagramに追加された新機能で、フィード投稿や場所などの情報を集めてコンテンツ化するまとめ機能です(下記ガイドラインページ参照)。単純にフィード投稿を集約するだけでなく、合わせて文章を追加することができるので、フィード投稿で取り上げた観光地の楽しみ方やアクセス方法などについても詳しく発信できます。

運用アカウントでの過去の投稿を再度有効活用できるとともに、テーマ区切りで他のアカウントからも投稿を集めてガイドを作成し、ユーザーの利便性を高めることができます。また実際にフィード投稿する際に、過去の投稿で反応が良かった画像を表紙として設定することで、よりクリックされやすくなります。

デジマケガイドライン_画像1_IGガイドライン抜粋線あり
ガイドラインp. 16より抜粋

JNTO本部のInstagramアカウントでは、本年度よりガイド投稿を開始しました(フィード投稿・ストリーズ投稿についても継続して実施)。

実際の投稿については、以下をご参照ください。
<富士をテーマに作成したガイド投稿>
<鳥居をテーマに作成したガイド投稿>

InstagramはSNSの中でもビジュアル重視のプラットフォームであり、文字で情報を補足することが難しい側面もあります。本機能についてはInstagramにおける新たな情報発信の方法となりますので、JNTO本部でも継続して活用し、分析を深める予定です。

 

よくあるご質問

Q:アカウントの開設や運用にあたり、専門業者に同事業を委託する場合、ガイドラインを渡しても良いですか。
A:はい、問題ありません。

Q:英語以外の言語のガイドラインはありますか。
A:英語版のみとなります。

Q:ガイドラインで紹介されている画像を使いたいのですが、可能でしょうか。
A:ガイドライン掲載の画像はいずれも二次利用は不可となります。ご了承ください。

 

【参考リンク】

『効果的な情報発信を行うためのFacebook・Instagram運用ガイドライン』のダウンロードはこちらから
JNTOデジタルマーケティングガイドライン集

JNTO本部が全市場向けに英語で情報発信するFacebookアカウント
Visit Japan International

JNTO本部が全市場向けに英語で情報発信するInstagramアカウント
visitjapanjp

 

【お問い合わせ先】

地域連携部 地域プロモーション連携室
TEL:03-5369-3337 E-mail:action@jnto.go.jp

企画総室 デジタルマーケティングセンター
TEL:03-5369-6020 E-mail:digital@jnto.go.jp

 

関連記事を読む

プロモーション素材のダウンロードが可能! BtoB向け総合サイト「Japan Online Media Center」のご紹介

情報発信の重要性は理解しているが、プロモーションに使用できる画像や動画が少なくて困っている。このようなお悩みを地域の皆様からいただくことが多くあります。その際にご利用いただきたいのが「Japan Online Media Center(JOMC)」です。利用規約への同意と会員登録をしていただくことで、プロモーションに活用できる素材(画像・映像)のダウンロードが可能となります。こちらの記事では、JOMCの活用法についてご紹介します。

関連記事を読む

訪日インバウンドにおけるデジタルマーケティングのよくある質問集(JNTOデジタルマーケティング連載vol.10)

JNTOでは、各地域における訪日インバウンドの取り組みの高度化を促進するべく、「出張相談会」という形で地域に対してよりきめ細やかなコンサルティングを実施しています。2020年度は東北運輸局、近畿運輸局、中国運輸局管轄内の自治体・DMOの方を対象に、デジタルマーケティングと海外プロモーションについてセミナーおよび個別相談会を実施しました。こちらの記事では、「出張相談会」にてよく聞かれた訪日インバウンドにおけるデジタルマーケティング関連の質問についてまとめました。これまでのデジタルマーケティング連載とともに、皆様のご参考になれば幸いです。

関連記事を読む

インバウンド向けプロモーション動画の作り方(JNTOデジタルマーケティング連載vol.9)

日本政府観光局(JNTO)では、動画を活用した訪日プロモーション事業を実施しています。そして、そこで培ったノウハウや気づきなどを、体系的かつ実践的にまとめたガイドライン『インバウンド向けプロモーション動画の作り方』を公開しました。5G回線の普及に伴い動画の活用がさらに進んでいくと言われている中、本ガイドラインが皆さまの動画プロモーションの成功に向けた一助になれば幸いです。

関連記事を読む

在留外国人による日本の魅力発信キャンペーンを実施 〜在留外国人連携事業〜

コロナ禍で国境を越えた行き来ができない状況が続いている中、必ず訪れる往来再開の日に向けて、「いつか日本に行きたい!」という訪日意欲を喚起し続け、訪日への関心をつなぎとめておく必要があります。各国に向けた積極的な誘客プロモーションは慎重に進めざるを得ない状況の中、JNTOでは、外国の方々に日本の魅力を継続的に発信し、SNS上での日本に関する情報量を増大させるため、日本に在留する外国人の発信力を活用するSNS投稿キャンペーンおよび在留外国人インフルエンサーによるオンライン講座を実施しました。

関連記事を読む

Instagramで地域の魅力を海外へ。『効果的な情報発信を行うためのInstagram運用ガイドライン』(JNTOデジタルマーケティング連載vol.3)

日本政府観光局(JNTO)が訪日プロモーションSNS事業を通じて培ったノウハウや知見をまとめたガイドラインの第2弾『効果的な情報発信を行うためのInstagram運用ガイドライン』が完成しました。第1弾のFacebookガイドラインに続き、第2弾ではInstagramにフォーカス。「Instagramは写真選びが難しそう」「流行りのストーリーズを活用したいけれど、やり方がわからない」といったお悩みをお持ちの自治体・DMOの皆様にとって、外国人旅行者向けアカウント運用の一助になれば幸いです。

関連記事を読む

Facebookで地域の魅力を海外へ。『効果的な情報発信を行うためのFacebook運用ガイドライン』(JNTOデジタルマーケティング連載vol.2)

日本政府観光局(JNTO)はこの度、「効果的な情報発信を行うためのFacebook運用ガイドライン(英語版)」を制作しました。JNTO本部の英語Facebook事業を通じて培ったノウハウや知見を、実際に行った投稿改善例など具体的事例を交えながら解説しています。「Facebook運用を開始したい」「効果的な投稿を作成したい」など、自治体やDMOのインバウンド担当者の皆様の参考になれば幸いです。

関連記事を読む

『Webサイト分析手法とPDCAサイクルの秘訣』JNTOデジタルマーケティング連載vol.1

JNTOにデジタルマーケティング室が発足し2年が過ぎ(2019年12月現在)、インバウンドにおけるデジタル領域のさまざまな知見がたまってきました。そこで、自治体でインバウンドに携わる方やDMOの皆さんへ少しでもお役立ていただければと思い、デジタルマーケティング室が取り組む情報発信手法や分析の仕方などについてご紹介いたします。私たちが日頃から目指しているのは、デジタルマーケティング手法を活用することはもちろん、「データを基に考える思考」「データ分析に基づく判断」(いわゆる「データドリブン思考」)を身に付けることで、これまでの経験や知見を大事にしながら、それらをデータ的にも裏づけることにより、マーケティング・プロモーション活動を行っていくことです。

 

pagetop