• HOME
  • イベントレポート
  • 観光コンテンツ造成のポイントと旅マエ・旅ナカの受入体制(JNTOマーケティング研修会テーマ4 ※講演資料の一部掲載)

観光コンテンツ造成のポイントと旅マエ・旅ナカの受入体制(JNTOマーケティング研修会テーマ4 ※講演資料の一部掲載)

Written by JNTO

JNTOが全国各地で開催している「JNTOマーケティング研修会」では、デジタルマーケティングやオリパラなどをテーマに講演を行っています。本連載では、研修会に参加できなかった方々にも情報共有できるよう、各テーマの内容を記事で解説していきます。今回は、「JNTO観光コンテンツ収集事業からみる観光コンテンツ造成のポイント」がテーマです。本記事では、観光コンテンツ造成におけるポイント、訪日外国人旅行者の受入体制に関して注力すべき点などをご紹介します。

目次

「JNTOマーケティング研修会」の様子がわかるレポートはこちらの記事でご覧いただけます。

観光コンテンツ造成において重要な視点と4つのポイント

観光コンテンツ造成においては、大前提として「外国人旅行者目線になっているか」が非常に重要です。魅力的なコンテンツではあるけれど、外国人旅行者にとって言語対応が不十分であったり、予約システムが複雑であったりすれば、訪問へのハードルが上がってしまうでしょう。その前提を踏まえた上で、観光コンテンツの造成を行うことが必要不可欠です。

それでは具体的に、どのような点に気を付けて観光コンテンツを造成していけばいいのでしょうか。ポイントとしては、大きく4つの要素に分けられます。

(a)その土地に根差したストーリー性やテーマ性を有している
(b)地元の人々とのふれあいや、地域資源を活用している
(c)日本らしいユニークさや非日常体験を提供している
(d)通常では利用できない希少性や限定感、エクスクルーシブ(独占的)な体験を提供している

上記4つのいずれか、もしくは複数の要素を備えた観光コンテンツを造成し、そしてその観光魅力を外国人旅行者目線で伝えることが、外国人旅行者の誘客に効果的です。

外国人旅行者目線と4つの要素のいずれかを備えた観光コンテンツづくりが重要

関連記事を読む

「外国人目線で展開するインバウンドプロモーション」田辺市熊野ツーリズムビューローの取り組み

外国人旅行者向けの情報発信において、「日本人目線ではなく、外国人旅行者の目線で日本の魅力を分かりやすく伝える」ことが非常に重要です。たとえば、日本政府観光局(JNTO)では平成29年度、英語グローバルウェブサイトの抜本的再構築を行った際、英語を母国語とするネイティブライターによる執筆や画像選定などを徹底して行い、外国人旅行者目線にこだわったコンテンツを公開することによって、訪問者の滞在時間が向上しました。インバウンドに取り組む地域で活躍する外国人スタッフも増えるなか、今回、外国人目線を活用し大きな成果を上げている一般社団法人田辺市熊野ツーリズムビューローの取り組みを調査しましたので紹介します。

関連記事を読む

外国人の目線に立って考える福島県のコンテンツづくり

東日本大震災以降一気に激減した外国人観光客を「コンテンツづくり」で取り戻しつつある福島県。どのように外国人にウケるコンテンツを生み出し、観光客を取り戻したのか、その取り組みを福島県観光交流局観光交流課主事 藤井智生様にインタビューをさせていただきましたのでレポートします。

旅マエ・旅ナカにおける受入体制のチェックポイント

ここまで「観光コンテンツ造成のポイント」について紹介しましたが、コンテンツを作っただけでは外国人旅行者の誘客拡大は望めません。「受入体制の充実」も重要なカギです。受入体制のチェックポイントを、旅マエと旅ナカに分けて解説します。

旅マエと旅ナカでの受入体制のチェックポイント

「旅マエ」のチェックポイント

旅マエのチェックポイントとして非常に重要なのは、「英語Webサイトの充実」です。多くの外国人旅行者は、スマートフォンやパソコンなどを利用して情報を仕入れるので、日本語サイトのみでは、訪問を諦めてしまうかもしれません。そして、ただ作るだけではなく、内容にも工夫が必要です。たとえば、文章は日本語をそのまま英語に翻訳するのではなく、英語のライターに書き起こしてもらう、画像も外国人目線で見た時に好まれるものを選定することが望ましいです。Webサイトの構築に関しても、古い情報が載っている、リンクを押すと日本語Webサイトに飛んでしまうなど、注意すべき点が多々あります。

具体的なWebサイトの構築に関しては、JNTOの実体験に基づいて作成したマニュアルを用意しています。どなたでもダウンロード可能ですので、ぜひご活用ください。

その他に、「英語での問い合わせにしっかり返答できるか」「英語でのオンライン申し込みに対応しているか」「アクセス情報として、Googleマップ等のオンラインマップ上に施設が表示されるか」などの点も確認しておきましょう。

関連記事を読む

外国人向けウェブサイト制作マニュアルが完成しました!

日本政府観光局(JNTO)はこの度、外国人向けウェブサイト制作マニュアル「外国人旅行者を魅了するウェブサイトの作り方(英語実例集)」を作成しました。当マニュアルが外国人旅行者向け英語ウェブサイトを企画・発注される自治体やDMO等のみなさま、また実際に制作に携わる事業者のみなさまの参考になれば幸いです。

「旅ナカ」のチェックポイント

次に、外国人旅行者が実際に来日してからの受入体制についてです。やはり重要なのは、「現地での英語対応」が可能かどうかです。英語対応者が常駐していることが望ましいですが、まずはオーディオガイドの導入やパンフレットなどを通じた受入体制の充実を検討してみてください。その他にも、「Wi-Fiの整備」「クレジットカード決済への対応」「トリップアドバイザーなど外部Webサイトとの連携がなされているか」なども受入体制のさらなる充実において重要なポイントになります。

コンテンツによっては、安全対策や富裕層対応も効果的に行っていきましょう。特に、ハードなスポーツアクティビティに関しては、事前の注意喚起を英語でしっかりと説明できなくてはなりませんし、英語で適切な救護対応を行うことができるよう準備も必要です。

このように、受入体制についてもきちんと見直す必要がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事を読む

始めよう! あなたの地域のインバウンドvol.3【受け入れ】編

2020年の訪日外国人旅行者4,000万人という目標を掲げる中、2018年には3,000万人を突破。インバウンド施策に積極的に取り組もうとする一方で、なにから始めて良いのかわからないといったお声をいただくことも多くあります。そこでJNTOでは、これからインバウンドに取り組む皆様に向けて、インバウンドにおける情報発信を中心とした施策のスタートから実施、改善までを簡潔にまとめた「始めよう! あなたの地域のインバウンド」を連載します。この記事では、訪日外国人旅行者の受け入れのヒントを知ることができる「vol.3【受け入れ】」編を紹介します。

関連記事を読む

補助金をはじめ、インバウンドに活用できる支援メニューをご紹介

インバウンドに活用できる補助金を知りたいけれど、どこを見れば? だれに聞けば? そもそも探す時間がない。そんな課題はありませんか。観光庁では「観光地域づくりに対する支援メニュー集」をとりまとめています。観光地域づくりに対する取組の参考としていただければ幸いです。

当サイトでも、「外国人向けウェブサイト制作マニュアル」や他地域の取り組み事例の紹介(例:ONSEN・ガストロノミーツーリズム古民家活用)等、コンテンツ造成のヒント、受入体制整備の参考になる記事を掲載しております。ぜひご活用いただければ幸いです。

8月に大阪で開催した「JNTOマーケティング研修会in関西」の様子はこちらから

下記の記事では、JNTOマーケティング研修会の各講演テーマの内容をご紹介しています。

関連記事を読む

富裕旅行市場の分析とコンテンツづくりのポイント(JNTOマーケティング研修会テーマ1 ※講演資料の一部掲載)

JNTOが全国各地で開催している「JNTOマーケティング研修会」では、デジタルマーケティングやオリパラなどをテーマに講演を行っています。JNTOでは、研修会に参加できなかった方々にも広く情報共有できるよう、各テーマの内容を記事で解説していきます。今回のテーマは、「富裕旅行市場の動向と市場拡大に向けた取り組み」です。「なぜ今、富裕層なのか」をはじめとし、「実際に富裕層はどういったコンテンツを求めているのか」「JNTOはどういった取り組みをしているのか」についてお伝えいたします。

関連記事を読む

インバウンドに役立つWebサイト、SNS、YouTubeの運用方法(JNTOマーケティング研修会テーマ2 ※講演資料の一部掲載)

JNTOが全国各地で開催している「JNTOマーケティング研修会」では、デジタルマーケティングやオリパラなどをテーマに講演を行っています。JNTOでは、研修会に参加できなかった方々にも広く情報共有できるよう、各テーマの内容を記事で解説していきます。今回は、「今日から実践できるデジタルマーケティング」を取り上げ、JNTOが日々実践する効果的なWebサイトやSNS、YouTubeの運用方法をご紹介。「WebサイトのPV数を上げたい」「SNSの画像選定の基準がわからない」「動画の活用を検討したい」と感じている方必見の、デジタルマーケティングのコツをお伝えします。

関連記事を読む

オープンデータを活用した訪日外国人旅行者の分析手法(JNTOマーケティング研修会テーマ3 ※講演資料の一部掲載)

JNTOが全国各地で開催している「JNTOマーケティング研修会」では、デジタルマーケティングやオリパラなどをテーマに講演を行っています。JNTOでは、研修会に参加できなかった方々にも広く情報共有できるよう、各テーマの内容を記事で解説していきます。今回は、関西を例に挙げて、「オープンデータからみる地域特性と分析手法」をご紹介します。オープンデータとは、営利・非営利を問わず、無料で二次利用が可能なデータのこと。オープンデータを分析すれば、その地域を訪れる訪日外国人旅行者の特徴を、より精緻に把握することが可能です。ぜひ、皆さんの地域でもご活用ください。

関連記事を読む

ラグビーからオリパラへ、メガイベントを契機とした地域プロモーションの戦略(JNTOマーケティング研修会テーマ5 ※講演資料の一部掲載)

JNTOが全国各地で開催している「JNTOマーケティング研修会」では、デジタルマーケティングやオリパラなどをテーマに講演を行っています。本連載では、研修会に参加できなかった方々にも広く情報共有できるよう、各テーマの内容を記事で解説していきます。今回のテーマは「オリパラをきっかけとした地域プロモーションの可能性」です。JNTOが計画している東京オリンピック・パラリンピックのプロモーション施策や、メディア活用の重要性、プロモーションを行う際の注意点などを中心にご紹介します。

pagetop