• HOME
  • コラム
  • 【香港編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

【香港編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

2021年02月04日 (木)

Written by JNTO

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年2月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回は香港事務所の活動をご紹介し、香港事務所発の記事から「Instagramの人気投稿カテゴリと傾向」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

目次

JNTO海外事務所の活動【香港事務所】

今回の記事では、香港事務所 の活動の一部をご紹介します。
※2021年1月時点の資料のため、最新情報は変更している可能性があります。最新の市場動向は、毎月の報道発表資料に記載される「地域別訪日旅行市場の概況 」をご確認ください。

香港市場動向トピックス

【2020年11-12月】
・2020年11月の訪日香港人数は、前年同月比99.7%減の500人。
・2020年12月の訪日香港人数は、前年同月比99.9%減の300人。
・新型コロナウイルス感染症の拡大により、3月9日以降、日本における検疫強化、査証の無効化等の対象となったこと、香港政府による海外からの入境者に対する検疫措置の延長・強化により香港人の海外渡航の負担が増したこと等により、両月ともに訪日者数は前年同月を大幅に下回りました。

香港事務所の主なプロモーション活動

【2020年度における通年】
・コロナ禍に伴い変化する香港市場の流行・トレンド等を把握し、それらのテーマと連動させることで、将来的な訪日旅行への興味・関心の醸成・強化し続けるオンライン・プロモーションを展開しています。

香港事務所の主なプロモーション活動_2020年度における通年

【2020年11-12月】
・高頻度の訪日リピーターを念頭に、今後の訪日旅行再開への期待が持続するように、香港人の関心が高い「グルメ」「温泉」「アクティビティ」を軸に、どの世代でも、誰と一緒に行っても楽しい日本の旅をテーマとした映像や具体的な旅行イメージを広く自然な形で認知して貰う屋外広告を実施しました。また、同時に特設サイトを設け、更に興味・関心を高めるための映像撮影地等に関する具体的な情報や日本全国から香港のお客様向けに頂戴した広東語メッセージを紹介しています。
https://www.japan.travel/hk/hk/wemissjapan/

香港事務所の主なプロモーション活動_2020年11-12月

・12月には、訪日経験の少ない香港人若年層に向けて、日本は忙しい日常から抜け出し、新たな発見や活力が得らえる旅行先であることを訴求するため、アニメと実写を交えた映像と消費者キャンペーンを含む特設サイトを公開し、情報発信を行いました。
https://welcome2japan.hk/youthgetinspired/

香港事務所の主なプロモーション活動_若年層向け特設ページ

若年層向け特設ページ

・一連のキャンペーンに合わせて制作したプロモーション映像は、YouTubeチャンネル「Visit Japan HK」で、いつでも楽しめるよう公開しています。
https://www.youtube.com/channel/UCV7O90UIjnzftQe9GEfheQA

 

香港市場における「Instagramの人気投稿カテゴリと傾向」について

JNTOニュースフラッシュより抜粋した記事として、前回はデリー事務所発「インド人の心理を読み解く!(コミュニケーション編)」(下記参照)を当サイトで取り上げたことに引き続き、今回は香港事務所発の記事をご紹介します。

関連記事を読む

【インド編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年1月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はデリー事務所の活動をご紹介し、デリー事務所発の記事から「インド人の心理を読み解く!(コミュニケーション編)」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

最近のJNTOニュースフラッシュでは、香港事務所発の記事として、「11月時点の香港の状況と、香港人の興味関心について」や「香港現地のレポートと、今後の訪日旅行の見通し」を取り上げました。当サイトでは、2020年4月7日に配信した「Instagramの人気投稿カテゴリと傾向」を掲載します。当内容は2020年4月時点のものですが、コロナ禍が続く状況でもSNS上における消費者の関心や好みには大きな変化はないので、改めて参考にしていただけますと幸いです。

JNTOニュースフラッシュ 792号(2020.4.7)
———————————————————————————————-
■Instagramの人気投稿カテゴリと傾向【香港発】
———————————————————————————————-
2003年、SARSの影響を大きく受けた香港では、人々の新型コロナウイルスに対する危機意識は非常に高く、政府も早い段階から厳格な対策を実施しています。また、香港人に人気のデスティネーションである日本やタイ、台湾、韓国などが非居住者に対する制限措置を相次いで発出しており、大の旅行好きな香港人はかなり抑圧された生活を強いられています。JNTO香港事務所ではこの状況が終息した後に旅行先として真っ先に日本を選んでもらえるよう、表現に留意をしながらSNS等での情報発信を継続しています。

2020年1月~3月、JNTO香港事務所では「日本秘旅」と銘打ち、香港でまだ知られていないスポットに焦点を当てたキャンペーンを実施しました。この取り組みでは、ウェブサイトやSNSでの情報発信に加えて、Instagramを活用した消費者参加型施策も展開いたしました。今回は、同キャンペーンに応募された写真を通じて分かった、訪日旅行に係るInstagramの人気投稿カテゴリと傾向についてレポートいたします。

香港市場においては、Facebookの利用率は85%、YouTubeは83%と非常に高く、JNTOの事業でも積極的に活用しています。Instagramも57%と日本の33%よりも高く、男女を問わず特に若年層が情報発信用のSNSとして活用しており、今後も更なるユーザー数の伸長が期待されることから、2020年1月より本格運用を始めました。

Hong Kong_Graph1

Instagramで、本キャンペーンのハッシュタグ「#日本秘旅」を検索すると、535件の投稿が確認されました。(3/18時点、写真数618枚、JNTO投稿・広告8件除く) カテゴリごとに分類すると、風景(自然)、花・紅葉・植物、風景(都市)の投稿数が上位となりました。写真加工しているものは少なく、香港とは違う旅先の風景をそのままシェアしたいという気持ちが感じられます。 一方で同じく上位の自撮り写真では、後ろ姿でポーズを決めたものや、和服を着てカメラ目線で撮影したものなど、写真映えを最大限狙ったようなものが多く見られました。

Hong Kong_Graph1

投稿における人気の被写体は、桜44件、富士山23件、鳥居17件、猫14件となりました。桜と富士山は、市場が成熟しても「日本らしいコンテンツ」と捉えられており、他の要素(動物、建物など)を加えることでオリジナリティのある構図を狙った投稿が共感を得ていました。一方で、香港では見ることのできない鳥居は、そのまま風景写真として投稿されています。また、動物は、香港人に人気であり共感を集めやすいという理由から、訪日旅行でも被写体として選ばれることが多いようです。

Hong Kong_3

JNTO香港事務所では、Facebook、Instagramでの情報発信を継続するとともに、地方それぞれの魅力×多様な旅行スタイルの提案を通じて、日本が香港人にとって「生涯楽しみ続ける」旅行目的地となることを目指すプロモーションを展開していきます。2020年9月以降は、賛助団体・会員の皆様からご提供いただいた写真の中から、香港人視点でシェアしたいと選ばれたものを香港事務所のFacebookで「今の日本」を紹介するシリーズとして取り上げています。

お問い合わせ → 海外プロモーション部 東アジアグループ
TEL:03-6691-3892 Email:promotion_ea@jnto.go.jp

ニュースフラッシュ内の最後でご紹介した「今の日本」のFacebook投稿は、下記のリンクよりご覧いただけます。
今の日本①- 福島梯田
今の日本②-十日町市蕎麥花田
今の日本③-直擊水獺BB出世!
今の日本④-日本Staycation
今の日本⑤ -鬼滅之刃主題展
今の日本⑥ -舊三井家下鴨別墅
今の日本⑦ – 立山黑部紅葉
今の日本⑧ – 日光中禪寺湖
今の日本⑨ – 美山茅草屋之鄉
今の日本⑩- 清津峡溪谷初雪
今の日本①①-難波八阪神社
今の日本①②-列車防疫
今の日本①③-白樺湖厚雪仙境

※2020年4⽉7⽇に配信したJNTOの賛助団体・会員向けのメールマガジンから⼀部抜粋し編集したため、最新情報は変更している可能性があります。最新の市場動向や取組内容は、JNTO日本語ホームページ や香港事務所が運営する4つのオウンドメディアなどをご確認ください。

・香港事務所ホームページはこちら
https://www.japan.travel/hk/hk/

・香港事務所Facebookはこちら
https://www.facebook.com/visitjapanhk/

・香港事務所Instagramはこちら
https://www.instagram.com/visitjapanhk/

・香港事務所YouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCV7O90UIjnzftQe9GEfheQA

 

インバウンド事業を支援するJNTOの各種取り組み

JNTOでは上記のニュースフラッシュをはじめ、賛助団体・会員向けに各種取り組みを行っております。詳しい内容については下記の記事や、こちらのパンフレット をご覧ください。

関連記事を読む

海外事務所のネットワークを活かしてインバウンド事業をトータルで支援

日本政府観光局(JNTO)は、訪日プロモーション事業の実施主体として、外国人旅行者の誘致活動を行っています。本連載では、JNTOの取り組みをより知ってもらうため、活動内容や地域との連携などについて紹介していきます。今回は、地域連携部会員サービスグループの北澤アシスタント・マネージャー(以下、北澤AM)が、同グループが運営する「事業パートナー制度」についてお話します。
※所属部署・役職は取材当時の情報です。

下記は、その他の海外事務所の記事です。ぜひご覧ください。

関連記事を読む

【シンガポール市場】訪日リピーターの興味関心を日本各地へ(JNTO海外事務所インタビュー)

訪日リピーター率とFIT(海外個人旅行)率が極めて高いシンガポール市場は、日本ファンの方が多い一方、一般的な訪日情報はすでに消費者に広く知られており、それだけでは新たな需要喚起がしにくくなっています。個々のニーズに沿ったより深い情報を届けるため、JNTOシンガポール事務所が実施したのは、会員制訪日コミュニティWebサイト等を活用したテーマ別キャンペーンです。
世界に22の海外事務所(2020年10月現在)を構え、各市場に最適化したインバウンドプロモーションを実施するJNTO。海外事務所インタビュー連載では、海外事務所が行うプロモーション経験や、それにより培ってきた現地ならではの知見等を通して、各市場におけるインバウンド施策へのヒントを探っていきます。こちらの記事では、シンガポール事務所 所長 永井初芽がお話しします。
※所属事務所・役職は取材当時の情報です。

関連記事を読む

【豪州市場】1人当たり旅行支出額No.1・長期滞在の豪州は、口コミがカギ(JNTO海外事務所インタビュー)

訪日外国人観光者の中で、1人当たり旅行支出額が一番高く、滞在期間も長期の豪州市場。JNTOシドニー事務所のさまざまな施策を通して見えてきたのは、豪州の方々は、自国と違った日本の自然と歴史の長い伝統文化に魅力を感じ、SNSを活用して口コミを広げていくことでした。
世界に22の海外事務所(2020年12月現在)を構え、各市場に最適化したインバウンドプロモーションを実施するJNTO。海外事務所インタビュー連載では、海外事務所が行うプロモーション経験や、それにより培ってきた現地ならではの知見等を通して、各市場におけるインバウンド施策へのヒントを探っていきます。こちらの記事では、シドニー事務所 所長 田中陽子がお話しします。
※所属事務所・役職は取材当時の情報です。

関連記事を読む

【中国市場】団体ツアーからFIT、大都会から自然。最大の訪日客送り出し国、中国市場の変化(JNTO海外事務所インタビュー)

最大の訪日客送り出し国であり、訪日外国人旅行消費額も第1位の中国市場。JNTO広州事務所によると、現在の中国の国内旅行に起きているニーズの変化は、今後の海外旅行にも影響があるかもしれないとのことです。
世界に22の海外事務所(2021年2月現在)を構え、各市場に最適化したインバウンドプロモーションを実施するJNTO。海外事務所インタビュー連載では、海外事務所が行うプロモーション経験や、それにより培ってきた現地ならではの知見等を通して、各市場におけるインバウンド施策へのヒントを探っていきます。こちらの記事では、広州事務所 所長 中山友景がお話しします。
※所属事務所・役職は取材当時の情報です。

関連記事を読む

【イタリア編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2020年11月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けにお届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はローマ事務所発の記事から、「イタリア市場におけるSNSでの情報発信について」をご紹介します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【中国編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2020年12月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回は上海事務所の活動をご紹介し、上海事務所発の記事から「若者の消費活動を支える人気アプリ」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【ベトナム編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2020年12月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はハノイ事務所の活動をご紹介し、ハノイ事務所発の記事から「即断即決!ベトナム流コミュニケーションアプリの活用」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【インド編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年1月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はデリー事務所の活動をご紹介し、デリー事務所発の記事から「インド人の心理を読み解く!(コミュニケーション編)」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【スペイン編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年2月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はマドリード事務所の活動をご紹介し、マドリード事務所発の記事から「スペイン市場における今後のMICE業界2020」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【韓国編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年3月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はソウル事務所の活動をご紹介し、ソウル事務所発の記事から「リピーターへのアプローチ戦略」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【タイ編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年3月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はバンコク事務所の活動をご紹介し、バンコク事務所発の記事から「バンコク事務所新規赴任者によるタイ入国・隔離体験記」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【フランス編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年3月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はパリ事務所の活動をご紹介し、パリ事務所発の記事から「フランス向けのInstagram発信について」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

関連記事を読む

【インドネシア編】訪日インバウンドの各市場における特長(JNTOニュースフラッシュより抜粋)

インバウンドのターゲット市場について、欧米豪やアジアといった大きなくくりで設定することがあります。しかし、興味関心や価値観は市場ごとに千差万別です。JNTOでは世界22ヵ所(2021年3月現在)に海外事務所を構え、各市場に最適化した情報発信やマーケティングを行っています。こちらの連載記事では、JNTOの賛助団体・会員向けに毎週お届けしている、海外事務所より寄せられた現地の最新市場動向や各種調査報告に関してのメールマガジン(=JNTOニュースフラッシュ)の一部を抜粋して掲載。今回はジャカルタ事務所の活動をご紹介し、ジャカルタ事務所発の記事から「現地旅行会社向けアンケートの結果について」を掲載します。
※当記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使⽤を固く禁じます。

pagetop