• HOME
  • コラム
  • JNTOグローバルWebサイトの訪問者がよく使う「検索キーワード」は?(JNTOデジタルマーケティング連載vol.6)

JNTOグローバルWebサイトの訪問者がよく使う「検索キーワード」は?(JNTOデジタルマーケティング連載vol.6)

2020年03月31日 (火)

Written by JNTO

訪日外国人旅行者や日本に関心がある世界中の人々は、どんなキーワードを使ってオンラインで日本の情報を探しているのでしょうか。検索キーワードは、コンテンツ磨きのヒントになります。JNTO英語グローバルWebサイトは英語圏を中心に世界中から訪問されるWebサイトです。そこに集まる検索キーワードと、キーワードを使った改善事例をご紹介します。

目次

JNTO英語グローバルWebサイトの検索キーワード

Googleなどの検索結果にWebサイトを表示させるためのSEO対策

JNTOデジタルマーケティング室が運用する英語グローバルWebサイト「Travel Japan」では、海外からのサイト訪問者を増やすため、さまざまな施策に取り組んでいます。そのひとつが「SEO対策」。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことを指します。具体的には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからWebサイトに訪れる人を増やす施策のこと。検索エンジン結果ページに自分たちのWebサイトを上位に表示させるための取り組みです。

たとえば、検索トレンドを可視化するツール(例:Google Trendsなど)を使うと、世界中で検索数が高いキーワードを抽出できます。

関連記事を読む

【無料講座】インバウンドにおけるデジタルマーケティングってなに? 検索やSNSの概要がわかる初級オンライン講座をご紹介

Webサイトの制作や運用、SNSの投稿や分析が情報発信において重要性を増す中で、「デジタルマーケティングを学びたい」という声がJNTOへ多く寄せられています。JNTOでは「外国人を魅了するウェブサイトの作り方(英語実例集)」や「SNS運用ガイドライン」の作成・公開等、JNTOの知見やノウハウの情報提供に力を入れていますが“実践的な話の前にまずはデジタルマーケティング全般について知りたい”“始めたばかりでどう学んでいいのかわからない”というお声を耳にすることもあります。
そこで、この記事ではウェブサイトの運用や分析に役立つ知識を気軽に、無料で学習できるオンライン講座をご紹介いたします。ぜひ日々のインバウンド施策にお役立てください。

JNTO英語グローバルWebサイト「Travel Japan」の検索キーワード

資料1:JNTO英語グローバルWebサイト頻出検索キーワード(上位30キーワード)

それでは実際に、JNTOグローバルWebサイトにはどんな検索キーワードからの訪問者がいるのか、事例を見てみましょう。

グローバルWebサイトを検索して訪問するユーザーがよく使う検索キーワードの上位30をまとめました(資料1)。「japan tourism」「japan」といったビッグワードが32%を占めた他、2019年は台風19号の報道が各地で行われたこともあり、「typhoon japan」「typhoon hagibis」といった台風関連の検索キーワードからの訪問も一定数見られました。

また東京や大阪などの地名の他、「japan visa」「japan rail」といったビザや交通情報など訪日に関する基礎情報のキーワードが目立ちます。さらに、「japan in september」「japan in november」など、訪日を予定・検討している時期の情報を求めているキーワードが上位にランクインしている点にも注目です。

資料2:JNTO英語グローバルWebサイト頻出検索キーワード(上位30)ジャンル別傾向

 

検索キーワードを意識したコンテンツ磨き

ご紹介したように検索キーワードを可視化することで、「×××なコンテンツを発信すればユーザーニーズに合致する」という仮説を立てて、検証していくことができます。たとえば、秋に楽しめる情報をまとめる場合、新たに記事を制作する際は頻出検索キーワードのひとつ「japan in september」を盛り込んでみたり、既存記事を更新する際は「japan in september」を追記したりするなど、検索キーワードを使ったコンテンツづくりは基本的なSEO対策のひとつです。

音声検索への対応(羽田空港ページの改善例)

グローバルWebサイトでは、最近増加している音声検索への対応を目指し、口頭でも検索ができるような記事を増やしています。空港情報は訪日外国人からのアクセスが多いページのひとつ。羽田空港ページの改善例を見ていきましょう。

従来の羽田空港ページでは、主要都市からのアクセスや利用可能な航空会社、各ターミナルの情報などを網羅。訪日外国人にとってよりわかりやすいページを目指し、検索エンジンと音声検索の両方で使用されるキーワードを抽出・分析してみた結果、“How do I get from Haneda Airpot to Tokyo?”“Where can I change money or find an ATM?”など、訪日外国人が抱きがちな疑問に呼応する記事形式へと更新を行いました。

資料3:JNTO英語グローバルサイト羽田空港ページの更新例

 

検索キーワードから見えてくること

羽田空港ページの事例は、コンテンツ内に「質問」と「回答」を織り交ぜるように改良したものです。更新ページを公開後、“haneda terminals”の検索キーワード結果は71位19位に改善した他、“haneda airpoprt transportation”の検索キーワードも26位から13位に向上しました。

訪日外国人旅行者や日本に関心がある世界中の人々に日本の情報を届けるには、伝えたいことをただ伝えるのではなく、ユーザーが求めている情報を戦略的に分析して改良することが大切です。JNTOデジタルマーケティング室ではデータ活用に基づくコンテンツ運営に取り組んでいます。下記はJNTOが運用する各種オウンドメディアです。皆様の日々の情報発信のヒントに、ぜひご覧ください。

英語グローバルWebサイト Travel Japan
Facebook  @visitjapaninternational
Instagram  @visitjapanjp
YouTube  @visitjapan
TripAdvisor  @VisitJapan

関連記事を読む

『Webサイト分析手法とPDCAサイクルの秘訣』JNTOデジタルマーケティング連載vol.1

JNTOにデジタルマーケティング室が発足し2年が過ぎ(2019年12月現在)、インバウンドにおけるデジタル領域のさまざまな知見がたまってきました。そこで、自治体でインバウンドに携わる方やDMOの皆さんへ少しでもお役立ていただければと思い、デジタルマーケティング室が取り組む情報発信手法や分析の仕方などについてご紹介いたします。私たちが日頃から目指しているのは、デジタルマーケティング手法を活用することはもちろん、「データを基に考える思考」「データ分析に基づく判断」(いわゆる「データドリブン思考」)を身に付けることで、これまでの経験や知見を大事にしながら、それらをデータ的にも裏づけることにより、マーケティング・プロモーション活動を行っていくことです。

関連記事を読む

Facebookで地域の魅力を海外へ。『効果的な情報発信を行うためのFacebook運用ガイドライン』(JNTOデジタルマーケティング連載vol.2)

日本政府観光局(JNTO)はこの度、「効果的な情報発信を行うためのFacebook運用ガイドライン(英語版)」を制作しました。JNTO本部の英語Facebook事業を通じて培ったノウハウや知見を、実際に行った投稿改善例など具体的事例を交えながら解説しています。「Facebook運用を開始したい」「効果的な投稿を作成したい」など、自治体やDMOのインバウンド担当者の皆様の参考になれば幸いです。

関連記事を読む

Instagramで地域の魅力を海外へ。『効果的な情報発信を行うためのInstagram運用ガイドライン』(JNTOデジタルマーケティング連載vol.3)

日本政府観光局(JNTO)が訪日プロモーションSNS事業を通じて培ったノウハウや知見をまとめたガイドラインの第2弾『効果的な情報発信を行うためのInstagram運用ガイドライン』が完成しました。第1弾のFacebookガイドラインに続き、第2弾ではInstagramにフォーカス。「Instagramは写真選びが難しそう」「流行りのストーリーズを活用したいけれど、やり方がわからない」といったお悩みをお持ちの自治体・DMOの皆様にとって、外国人旅行者向けアカウント運用の一助になれば幸いです。

関連記事を読む

2019年、「いいね」を一番集めたインバウンドの観光地は? JNTOグローバルSNSアカウントの人気投稿ベスト10

改元やG20、ラグビーワールドカップなど、さまざまなビッグニュースがメディアを賑わした2019年。日本政府観光局(JNTO)デジタルマーケティング室でも、世界中の方々に日本の魅力を知っていただけるよう、さまざまなチャネル(媒体)から訪日情報の発信を行ってきました。
この記事ではSNS担当者の目線で2019年の投稿を振り返り、JNTOのInstagramとFacebookアカウントで好評を博した観光スポットをご紹介します。地域の皆様のSNS運用や観光コンテンツ開発のヒントになれば幸いです。

関連記事を読む

ソーシャルリスニングを活用したSNSコンテンツ最適化のコツ(JNTOデジタルマーケティング連載vol.5)

投稿のネタ探しに行き詰まったり、投稿結果の分析に悩んだり。FacebookやInstagramなどを運用する中で、どんなSNSコンテンツが外国人に効果的なのか、疑問に思った経験はありませんか。JNTOデジタルマーケティング室では2019年度、『ソーシャルリスニング』を活用したSNSコンテンツの最適化に取り組みました。そこで「ソーシャルリスニングとは」「SNSコンテンツ最適化のコツ」といった、取り組みを通して得た知見やノウハウをご紹介します。自治体やDMO等の皆様の参考になれば幸いです。

pagetop