• HOME
  • コラム
  • 港のある国際都市「神戸」訪日客に人気のスポットは…!

港のある国際都市「神戸」訪日客に人気のスポットは…!

2018年09月13日 (木)

Written by JNTO

JNTOでは、インバウンド事業従事者を対象とした「マーケティング研修会」を全国で開催しております。先進的なマーケティングやプロモーションの手法、得られる効果を具体的かつ実践的な内容で共有し、各地域での訪日インバウンドプロモーションの高度化を促進します。
兵庫県神戸市にてマーケティング研修会を開催し、現地の様子を踏まえて感じたことを、JNTO職員の目線でご紹介いたします。

神戸といえば、西洋風の街並み、美しい夜景など、日本人であればすぐにイメージがわく、言わずと知れた観光地です。

神戸の夜景

神戸北野異人館街 風見鶏の館

訪日客は「Kobe」のどこに魅力を感じるのでしょうか。JNTOウェブサイトでは、Kobeを以下のように発信しています。

「A cosmopolitan but compact port city that boasts some of the country’s best beef」
JNTOウェブサイトより抜粋(https://www.japan.travel/en/destinations/kansai/hyogo/kobe-and-around/

直訳すると、「国際都市ではあるがコンパクトな港町で、国内最高の牛肉を誇っています。」と書かれています。日本人の持つイメージと同様、国際色豊かな都市であること、港町であること、牛肉が有名であることをPRポイントとしています。

Don’t Miss
・Exploring the bustling waterfront area of Kobe Harborland and scaling Kobe Port Tower
・Trying Kobe beef shabu shabu style
・Nearby Arima Onsen, one of Japan’s oldest hot spring areas
JNTOウェブサイトより抜粋(https://www.japan.travel/en/destinations/kansai/hyogo/kobe-and-around/

また、外せないポイントとして、「神戸ハーバーランドの賑やかなウォーターフロントエリアを探索し、神戸ポートタワーにのぼる」「神戸牛のしゃぶしゃぶスタイルを試してみる」「日本最古の温泉地として有名な有馬温泉」の3つを紹介しています。

ウォーターフロントエリアの夜景

その他にも、神戸市周辺エリアについて、「布引の滝」「南京町」「灘五郷」などを写真とともに掲載しています。

では、実際に訪日客が訪れているのはどのような場所でしょうか。

トリップアドバイザーを見てみると、神戸市の観光地人気ランキング1位(2018年9月13日現在 神戸市の観光スポット514件中)は「竹中大工道具館」となっています。英語と中国語の口コミでは、「とても良い」と「良い」の上位2つを選択しています。

英語のコメント欄には、「魔法のような職人技」「素晴らしい木工技術」「子供も大人も楽しめる」など、ポジティブなコメントが並んでいます。コメントを見る限り、ここでしかできない、日本ならではの体験ができる、というところが響いているようです。

第2位(2018年9月13日現在 神戸市の観光スポット514件中)は「神戸どうぶつ王国」です。こちらも「家族連れや子供にフレンドリー」「カピバラとハグできた!」「子供だけでなく、大人にも」など、ポジティブなコメントが並びますが、こちらは英語、中国語のコメント全てに丁寧に返信がされています。口コミは海外の生の声を得られる場でもあります。

第3位(2018年9月13日現在 神戸市の観光スポット514件中)は「摩耶山」です。夜景を称賛するコメントが多く並んでいます。

JNTOが発信している神戸の情報は、神戸の象徴的なもので、まずは人々が神戸に訪れるきっかけになります。その後、実際に訪れた方が神戸を周り見つけたスポットを口コミサイトやSNSで拡散することで、更なる訪日客の増加につながります。

最後に、神戸で見つけた、個人的「お気に入りスポット」をご紹介します。

北野異人館街
お洒落なカフェがあったので、散策しながら休むこともでき、街歩きにぴったりだと思いました。

南京町
幻想的で華やかな空間でした。肉まんがとっても可愛いです。

インバウンドに取り組む地方自治体及び観光協会、DMO候補法人等観光関連団体の方々向けの訪日プロモーションに関するご相談窓口はこちら
JNTO 地域連携部 地域プロモーション連携室

pagetop