コロナ禍での新たな観光プロモーション、お土産も買えるバーチャルライブツアーをスタート

2021年12月17日 (金)

Written by JNTO

コロナ禍以前、中国人観光客の爆買いは落ち着いたと言われていたものの、2018年の訪日中国人による旅行先での消費額は1兆5450億円にも上っています(観光庁「訪日外国人消費動向調査」より)。中国人海外旅行者の買い物消費は旅行消費額全体の約32%を占めているともされ、旅行と買い物消費は切っても切れない関係にあります。そこでコロナ禍で訪日旅行消費額が見込めない中、JNTOでは日本各地の認知向上と訪日への期待感の醸成とともに、 コロナ禍で厳しい状況にある地方の観光地や観光産業を支援し、地方経済を活性化することを目的として、バーチャルライブツアーと越境ECを組み合わせた新たな観光プロモーションを開始しました。

目次

観光から買い物までシームレスに堪能できる、バーチャルライブツアーを配信

プロモーション概要

2021年9月から2022年3月末にかけて、ECサイト取引が活発な中国市場を対象に、今年度からバーチャルライブツアーとECサイトを結び付けたプロモーションを始めました。今年度はアリババグループ傘下の旅行サービスプラットフォーム「フリギー(Fliggy)」と越境ECプラットフォームの「天猫国際(Tmall Global)」を通じて、視聴者がバーチャルライブツアーを楽しみながら、越境ECプラットフォーム上で地域名産品を購入できる仕組みで、試行的に全国を8ブロック(北海道、東北・新潟、関東、北陸・中部、近畿、中国・四国、九州、沖縄)に分け、合計8回を実施中。

フリギーの公式アカウントを通して、在日中国人インフルエンサーが実際に全国各地域に赴き、現地からライブ配信。文化や歴史、産業などを絡めて深堀りしながら、各地域の魅力とともに名産品を各回2~3時間にわたってご紹介しています。

プロモーションのねらい

デジタルを活用した新たな観光プロモーションの手法が求められる中、観光から買い物までシームレスに堪能できるバーチャルライブツアーを行うことにより、全国各地域を中国の消費者につなげ、「再び訪日旅行ができるようになったら、日本のあそこに行ってみたい」と、各地域の認知向上と訪日への期待感を醸成することをねらいとしています。

また日本製品や日本ブランドは、中国での評価が高く、中国の消費者を惹きつける大きなひとつのコンテンツでもあります。海外旅行ができない中、中国市場で人気が高いMADE IN JAPAN商品を紹介することで、抑えられている購買意欲を刺激し、日本の地域産業に少しでも中国からの消費を呼び込むことにつなげています。そして最終的には、全国各地域の魅力の紹介をフックに、コロナ収束後における中国市場からの訪日旅行者数と旅行消費のスムーズな回復につなげることも目的としています。

バーチャルライブツアー配信画面と地域名産品ページ
バーチャルライブツアー配信画面と地域名産品ページ

インフルエンサーと連携し、より多くの視聴者を獲得

渡航制限がかかっている中、より効果的に事業の周知を図るためには、在日インフルエンサーの活用は欠かせません。そこで、バーチャルライブツアー配信に出演したのは、3名の在日中国人インフルエンサー。より多くの視聴者を獲得するため、事前にインフルエンサーがWeibo(ウェイボー)やWeChat(ウィーチャット)など、自身のSNSでバーチャルライブツアーを告知。さらには九州・東北ブロック各県と新潟の観光情報についてもSNSに投稿し、地域の魅力発信を実施しました。

各インフルエンサーのフォロワーの多さともあいまって、SNS投稿の合計表示回数は1,000万回を突破。シェア数・コメント数・いいね数などエンゲージメントも好調で、多くの人からの関心を集めることができました。その結果、第1回のバーチャルライブツアーは延べ約21万人、第2回は約43万人がリアルタイムで視聴。事前に予想していた6万人程度を大幅に上回る反響になりました。

活用したインフルエンサー

1人目の林萍(リン ピン)さんは、日本の最新情報を紹介する記事、写真、動画、ライブ配信など多種多様なコンテンツを制作・発信。
2人目の黑哥(ヘイ ガ)さんは、アカウントランキングの「知識」カテゴリにおいてTOP10にランクインする高い支持率を誇っており、テレビ業界での記者経験を活かして活動。
3人目の小葱(リュウ ショウソウ)さんは、日本のテレビCM、ファッション雑誌、自治体の観光PR動画などに多数出演した経験を活かし、日本のファッション、コスメ・美容系分野や生活情報を中心に日々発信。

 

実際のバーチャルライブツアー配信の様子

第1回「九州ブロック編」

第1回のライブ配信は9月29日に、九州ブロックを対象に実施。熊本からは、中国でも人気の高いくまモンとコラボし、熊本城の熊本地震復興状況などを伝えました。大分からは湯布院温泉街をご紹介。温泉旅館だけでなく街のあちこちに足湯や手湯があり、温泉を手軽に楽しめることを伝えました。また鹿児島からは日本最南端の駅であるJR西大山駅や指宿砂蒸し温泉からライブ配信。その他にも九州各県の観光地の魅力を伝えるとともに、九州産の日本酒・薩摩焼酎、有田焼・波佐見焼の生活雑貨・キッチン用品など、九州各県の地域産品を紹介し、販売につながるプロモーションを実施しました。

九州ブロック編におけるライブ配信の様子
九州ブロック編におけるライブ配信の様子

第2回「東北ブロック・新潟編」

第2回のライブ配信は10月13日に、東北ブロックと新潟を対象に実施。岩手県・安比高原にこの冬オープンするホテルをメイン会場として、東北エリアについてフリップを活用して説明。岩手からは安比高原の紅葉狩りや、わんこそばの食体験を行った他、青森・秋田・宮城・山形・福島の各地域についても紹介しました。また新潟からは金属加工のまちとして名高い燕三条の工場見学等の様子を中継。東北・新潟らしい観光コンテンツを楽しむ姿を現地よりライブ配信しました。配信中には、岩手の南部鉄器や新潟の金属製生活雑貨・キッチン用品等をはじめとする商品や、各県を代表する日本酒、青森産のりんごジュースなど の地域産品を紹介しました。また、冒頭で、前回の九州ブロックでどんな商品を紹介したかを簡単に説明し、九州の産品も購入できることを伝え、購買のフォローアップもしました。

東北ブロック・新潟編におけるライブ配信の様子
東北ブロック・新潟編におけるライブ配信の様子

 

2021年度内に配信するバーチャルライブツアーについて

2021年度は、下表のスケジュールで、それぞれの魅力を盛り込んだバーチャルライブツアーを配信する予定です。

主なテーマについて、近畿ブロックは、日本酒生産量で日本トップを占める兵庫・灘と京都・伏見を紹介しつつ、和歌山の那智勝浦の観光コースや、農園からみかん狩りの様子などを紹介。中国・四国ブロックは「瀬戸内国際芸術祭2022」に絡めた「アートや自然」、北海道ブロックは「日本三大夜景と雪景色」、北陸・中部ブロックは「伝統文化と地場産業」を、沖縄ブロックは世界自然遺産に登録されている「西表島の自然」、関東ブロックでは、関東の観光情報に加えて、これまで実施したライブツアーの総集編も紹介する予定です。

2021年度のバーチャルライブツアーの配信予定(スケジュール変更の可能性あり)
2021年度のバーチャルライブツアーの配信予定(スケジュール変更の可能性あり)

全国規模で長期にわたってバーチャルライブツアーと越境ECを連携する取組は世界的にも例がなく、長引くコロナ禍で、JNTOでは新たな観光の可能性を追求しています。引き続きJNTOでは地域の魅力を発信していきます。

関連記事を読む

コロナ禍で見つけた、オンラインツアーの新たな可能性(JNTOロサンゼルス事務所)

JNTOロサンゼルス事務所では、アメリカの富裕旅行を取り扱う旅行会社を対象に、オンラインツアー(オンラインファムトリップ)を全9回実施しました。動画は、アーカイブ視聴を含めて約4,000回(2021年11月8日時点)視聴され、視聴者の約90%が「満足度9点以上(10点満点)」と高い評価をいただきました。今回はその取り組みについて紹介します。

 

 

pagetop