日本を世界に誇れるアドベンチャーツーリズム大国へ

2021年08月06日 (金)

Written by JNTO

山間の静かな温泉地だった群馬県・みなかみ町。その土地で大自然の中のエキサイティングなアクティビティができるスポット拡充の取り組みをしているのが、ニュージーランド出身のマイク・ハリス氏です。現在キャニオニングなどのアドベンチャーツアーを提供する「キャニオンズ」を運営しているマイク氏ですが、彼がどのようにアドベンチャーツーリズム(AT)をみなかみ町で発展させ、根づかせたのか、また今後日本でATが広がるために必要なことなどを伺いました。

目次

観光地を見て回る旅行に飽きた人たちがATを求めてやってくる

—日本におけるATガイドの先駆者と言われるマイク氏が、どのようにみなかみ町の魅力を発見し、評価したのか教えてください。

「知人が紹介してくれたのがきっかけで、みなかみ町を訪れました。川遊びをしてみたら、ATの本場であるニュージーランドの川に負けない激流や滝があってとてもおもしろかったです。それに加えて、みなかみ町は日本の中でも四季がはっきりしています。私はスキーヤーでもあるので、冬は世界でもトップレベルのスキーを楽しめる山がそばにあることも魅力で、“みなかみ町の自然はワールドクラス”と感じました。夏は川や山、冬は雪山…とバランスがよく、自然と季節を大いに感じながらさまざまなアクティビティをすることができるのは、実は日本の中でもかなり希少ではないかと思いました。また大都市・東京から約2時間でアクセスできる、訪れやすい場所という条件は、ビジネスとして考えた場合に非常に優位に働くとも思いました。

1990年代は、観光と言えば、文字通り訪れた場所を見ることが中心。大自然の中で、しかもガイドの同行が必要なアクティビティをするなんて『危険』というイメージがはじめは先行したと思います。でも勤務していたラフティングを提供する旅行会社は人気を呼び、そこで私がキャニオニング部門をつくったら、お客様がもっと増えていきました。これまでの主に『見る』という観光のパターンに飽きていた人のニーズにぴったりとはまったのでしょう。珍しがられて、いろいろなメディアが取り上げてくれたことも勢いに乗れた理由のひとつだと思います。その後、私は2000年に独立して『キャニオンズ 』を立ち上げました」

—キャニオンズではどんなツアーを提供しているのですか? またお客様にはどのような人が多いですか?

「キャニオンズでは、数名でひとつのボートに乗り激流下りを楽しむラフティング、渓谷で自然のウォータースライダーや滝壺ジャンプなどを楽しむキャニオニング、ひとり乗りのボートで激流下りをするパックラフティング、テントに宿泊して鳥の声や木々を渡る風を感じるグランピングなどを提供しています。アクティビティに関しては、参加者の力量に合わせてコースを選択できるように、それぞれ6段階にグレード分けし、大人から子どもまで誰もが安全に楽しめるようにしています。

キャニオンズのお客様は約70%がリピーターです。外国人のお客様は何度も日本を訪れている方が多いですね。すでにめぼしい寺社仏閣や観光地を回った人が、アドベンチャーを求めてやってきている印象があります。そのなかでも、家族層やバックパッカー層が多いです。

リピーターが多いので、彼らが何度も来たくなるように飽きさせないことが求められます。ツアーガイドをしながら、お客様がどんなものに反応し、楽しんでいるのかをつぶさにチェックして、コースやアクティビティを開拓するようにしています。今年も半年以上が過ぎたところですが、すでに3つの新規コースをつくりました。ただ、要求されるからといって、お客様がしたいことをすべてさせるのではなく、ガイドがお客様のレベルにあったコースを選びます。たとえばキャニオニングでは、ロープを使って落差20mもある滝を降りるコースの人気が高いですが、お客様の力量をガイドが判断して無理だとわかったらレベルを下げるなど、臨機応変にコース設定を変えることもあります。

ガイドの力量と見極めが非常に重要で、トレーニングには時間と費用をかけています。『ガイドが商品』と言ってもいいくらいです」

canyoning

質の高いATを提供するためには質の高いシステムづくりが必要である

—みなかみ町にはATが根づいている印象がありますが、課題はなにかありましたか?

「ラフティングが人気を呼び、大勢のお客様が訪れるようになると、多くの業者が同じようなツアーを始めるようになりました。しかし当時から今に至るまで続く課題として、業界団体がつくられず、品質を保障するようなガイドラインをなにも制定できていません。そのため質の悪い業者が現れても、お客様側から見れば良質な業者を選ぶ明確な基準がないわけですから、値段が安いところを選んでしまいがちです。しかしATのフィールドは大自然。一概に安かろう悪かろうというわけではありませんが、知識のないガイドが対応した場合、お客様の命にも関わりかねません。また山や川へ入る人数を制限しなければ、自然のオーバーユースとなり環境破壊につながりかねない。今後はツアーの品質や環境を維持させるためにも法規制や基準を作成すべきだと強く感じています。

質の悪い業者を野放しにしていては、ATの発展だけでなく、みなかみ町の評判に悪影響を及ぼします。実際に私自身も、業者の乱立によって場が荒れたために一度、みなかみ町から離れた時期があります。当時からの私の信念として『安全性の確保』『ガイド等の品質の担保』『観光資源である環境の保全』、この3つがきちんと機能してはじめて、本当のおもてなしができると考えています。これら3つの要素が確実に行われているのかどうかを第三者機関がチェックする体制が必要だと考えています」

—課題解決のために、動き出していることはありますか?

「ニュージーランドでは、ラフティングやキャニオニングのツアーガイドは国家資格です。川を利用する際にも行政機関に書類を提出して可否を判断されます。しかし日本にはまだこのようなシステムが確立されていません。私は、これだけ豊かな自然がありATが促進される可能性の高い日本は、世界トップレベルのATを目指すべきだと考えています。そのためにはガイドの知識や能力を保証する手段を講じ、装備や安全対策を確保すること、そしてフィールドとなる自然資源の保全も行うことが必要です。これらをきちんと整えられない限り、ATの未来はありません。そこで今、国に対してガイドラインを整備するよう働きかけています。

ガイドの知識や能力こそがその会社の質の高さの証明につながるわけですから、キャニオンズとしては、各ガイドのトレーニングを世界基準に合わせて行っています。ラフティングは、世界46ヵ国の団体が加盟しているインターナショナル・ラフティング連盟(IRF)でガイドの検定を行うなど、常に高いレベルを維持するよう努めています。ATを支えるのは、質の良いガイドです。海外にある優秀なATガイド育成に実績のある養成学校と提携して実技研修をするなど、日本も優秀な人材を育てることにもっと力を入れるべきではないかと感じています。そうすれば海外から優秀なガイド人材が日本にやって来て、交流することで質が上がり、ATももっと盛り上がっていくのではないかと思います」

ATには地域の資源を次世代に受け継ぐ役割がある

—ATを進めたいと考えている地域の方々に対して、アドバイスいただけますか?

「長く住んでいる人にとっては、地域の資源は当然に存在するもので、当たり前過ぎてその存在の良さに気が付かない傾向があると思います。そのため、外部からの視点を取り入れることがまずは必要ではないでしょうか。海外生活を経験したことがあるというだけでもいいので、その土地を客観的に見ることができる人の協力を得るといいのではと感じます。

地域の資源と海外のニーズのマッチングが叶えば、『なにもない』ことだって価値になります。そして価値が見つかったら、関係者全員でゴールのビジョンを持つことが大事。言葉だけでは理解してもらえないので、私の場合は町長や議員などのステークホルダーをニュージーランドのクイーンズタウンに連れて行きました。そこで実際にATを体験したり、ワークショップなどに参加したりすれば、体制や仕組みなどを理解し、自分たちの町ではどのようなことに着手すべきか具体的な画が描けるようになると思います。夢や目標が決まったら、あとは一丸となってそこに進むだけです。みなかみ町の場合は、アウトドアスポーツ振興条例制定につながりました」

—最後にATの価値について、思うところを教えてください。

「ATが自然環境にも配慮し適切に行われていれば、地域の資源を次の世代に受け継ぐことができるサステイナブル効果があると思っています。地域にある大事な文化や自然を継承し、新たな職業を生むことができます。参加するお客様にとっても、ATを通じて今まで体験したことのない経験をすることによって、自分自身の新しい側面を見つけることができることでしょう。受け入れる側にとっても訪れる人にとっても互いにWIN-WINになれる、それがATだと思います。

今、自然を体験したいというニーズが増加しており、政府や自治体もそれを後押しする意向を持っています。今後ATやサステイナブルツーリズムは観光の主流になるに違いありません。これを機会に、しっかりとした体制・仕組みをつくって、世界に誇れるAT大国にしていきましょう」

ATに関する情報は、下記の記事でもご紹介しています。

関連記事を読む

アドベンチャートラベル/アドベンチャーツーリズムをめぐる世界と日本の動き

アドベンチャートラベル(以下AT)は、「自然とのふれあい」「文化交流」「アクティビティ」のうちふたつ以上の要素を持つ旅行です。旅行を通じ、自分自身の変化や地域社会への貢献が期待できるとして、ATは欧米を中心に世界中で人気が広がり、さらにアフターコロナの旅行スタイルとしても注目されています。こちらの記事では、2020年9月に開催されたATの世界的なイベントや、日本におけるATの機運の高まりについてご紹介します。

関連記事を読む

地域の資源を活かすアドベンチャーツーリズム①(Adventure Travel World Summit 2019の報告)

2019年9月16日〜19日にスウェーデン・ヨーテボリで開催されたAdventure Travel World Summit (ATWS)に、日本のアドベンチャーツーリズム (AT)のプロモーションのためJNTOが初出展しました。北海道を中心に日本でも取り組みが広がってきたAT。今回はATWSスウェーデン大会のレポートをお送りします。

関連記事を読む

地域の資源を活かすアドベンチャーツーリズム②(Adventure Travel Trade Association (ATTA)へのインタビュー前半)

北海道を中心にその取り組みが全国に拡大しつつあるアドベンチャーツーリズム (AT)。今回はAT業界最大の団体であるAdventure Travel Trade Association (ATTA) のシャノン・ストーウェルCEO、ジェイク・フィニフロック アジア担当部長、またATTAの日本のコンタクトパーソンとして活動されている國谷裕紀アンバサダーのインタビュー記事(前半)をお送りします。

関連記事を読む

地域の資源を活かすアドベンチャーツーリズム③(Adventure Travel Trade Association (ATTA)へのインタビュー後半)

北海道を中心にその取り組みが全国に拡大しつつあるアドベンチャーツーリズム (AT)。今回はAT業界最大の団体であるAdventure Travel Trade Association (ATTA) のシャノン・ストーウェルCEO、ジェイク・フィニフロック アジア担当部長、またATTAの日本のコンタクトパーソンとして活動されている國谷裕紀アンバサダーのインタビュー記事(後半)をお送りします。

pagetop